職場内不倫は迷惑

私の職場で現在進行形で不倫をしている人がいます。
同じ部署の男の先輩なのですが、部下の派遣社員と不倫をしています。
本人たちは隠しているつもりなのですが、周囲にはバレバレです。

 

ある日、先輩に来客がありましたが、先輩の姿が見当たりません。お客様はちゃんとアポイントは取ったと言っています。
代わりに対応ができる社員がいなかったので、私たちは先輩を探し回りました。
一時間経っても見つからず、とうとうお客様は怒って帰ってしまいました。
それでも先輩を探していたのですが、会議室から男女の喧嘩する声が聞こえてきました。
奥さんがどうとか、別れる、別れないの話が漏れ聞こえました。
しばらく会議室の前で待つと、出てきたのは先輩と派遣社員でした。
二人は業務中に痴話喧嘩をしていたのです。
呆れた私は二人を見ても何も言わず席に戻りました。

 

不倫は倫理的に問題があるし、人間性を疑いますが、業務にまで支障が出てきて迷惑を被ったので、本当に嫌悪しています。
本人たちは恋愛小説のようなラブロマンス気分なのでしょうけど、私から見れば、ただのだらしない人たちにしか見えません。
私の体験は職場の人達やお客様に迷惑をかけたものですが、当然、奥さんや子供も嫌に思うし、両親や結婚を祝ってくれた人たちだって苦々しい気持ちになります。
ちょっと考えればわかることなのにそんなこともわからず、短絡的に不倫に走るような人たちには関わりたくありません。

 

不倫されて離婚を決意してからすること

自分のことばかり考える子供じみたことはしてはいけない

最近は不倫ブームというか、一年を通じて不倫の話が多く続きました。

 

男性は昔から遊びの一環、男ぶりをあげる為に異性との接点を好む人も多いです。
女にモテることで自分の価値を図ろうというのです。

 

また、奥さんとの関係が完全にマンネリになってしまったので新しい女性との間に恋愛や肉体の関係を持って楽しもうというの言うのです。

 

でも、男性だけが不倫をしているわけではありません。

 

「昼顔」がブームになったのは少し前ですが、女性のほうも既婚者が家庭外で男性との不倫をするということが一つの社会現象のようになった時期もあります。
夫がつまらないから、夫が愛してくれないから、女としての価値を実感したいからと、様々な理由があるでしょうが、女性もまた不倫をする人が増えたのも事実です。

 

しかし、結婚している人が配偶者以外の人と浮気や不倫をすることは絶対にしてはいけないことです。

 

道(倫)を踏み外したことだから不倫というのです。

 

結婚しているというのは自分だけの人生ではありません。
その証拠に、一つの家に一緒に住み、一つの釜からご飯を食べ、子供がいるならば、一緒に子供を育てるという共同作業をしているのです。
家庭がうまくいかないからと配偶者のせいにして、あるいは自分が満足したり楽しみたいからと自己本位で、誰かを悲しませることをして良い理由にはならないのです。

 

不倫をする人の言い訳に「結婚してから本当に好きな人に会った」とか「家庭は完全に崩壊している」というものがあります。
でも、そういう理由であればきちんと離婚して、誰にも迷惑をかけないように、結婚関係をリセットしてから、胸を張って次のステップに進めば良いのです。

 

隠れて不倫をする人は、配偶者より、子供より、自分が大事というメッセージを発信していることになります。
理性的に守るべきもの、大切なものを守るというよりも、動物のように感情と欲望をコントロールできない人間だというメッセージを発信していることになるのです。

 

だから、そんな人間にならないように、そんな人間だと見られないように、浮気や不倫は絶対にしてはいけないのです。
人間として許されない行為だという事を忘れてはいけません。

 

また、もし、子供がいる人であれば、男性であれ女性であれ、子供たちは親を、そして生活する環境を選べないという事実を忘れてはいけません。
父、もしくは母が、不倫に走り子供が少なからずその影響を受けて(夫婦仲が悪くなって家庭がギスギスしたり、父親が家に寄り付かなくなったり、母親がいなくなったり等々)子供たちには何一つ責任は無いのに、親の倫理観の欠如のせいで子供が辛い思いをするなんて、そんな無責任なことは絶対許せません。
子供を生んだからには、子供が一人前になるまでは、自分の惚れた腫れたは全て後にして子育てに専念するべきなのです。
それが親になるという責任なのです。

 

浮気や不倫をするエネルギーや時間やお金があるなら、産み落とした子供を最高に幸せにする為に尽力しろと言ってやりたいです。